【島ノ関】安政5年創業 お茶の老舗『中川誠盛堂』

今日は、京阪島ノ関駅から5分のところにあります、中川誠盛堂さんにお邪魔しました。

大津は、緑茶の発祥の土地だそうで、その頃から代々継がれているお店のようです。

風情のある門構え

お店の前に行くと、お茶の良い香りがふわ~っと広がっています。

目次

安政5年(1855年)創業のお茶の名店

中川誠盛堂さんは安政5年(1855年)創業。

かの有名な桜田門外の変が安政7年ですから、その2年前には創業されていたことになります。凄いですね…!

店内には、豊富な種類のお茶の商品が揃っています。

オススメラインナップ
豊富な品揃え‼️
和紅茶もあります。

お茶は試飲もできます。

試飲できるお席です。砂時計が落ちたら頂きます。
ほんの2口ぶんの急須がカワイイ✨
ドライアップル付き🎵
樹齢400年の親木がご健在だそうで。
和紅茶の試飲。色がキレイ✨✨
茶器をバックに奥様が快く写ってくださいました。

お店の奥で作業をされていたご主人が出てきて、お茶の葉は品種によって形が違う事など、色んな説明をしてくださいました。

試飲もたくさん勧めてくださったり、お茶の事をもっと伝えたいという情熱が伝わってまいりました。

贈答用としてとても喜んでもらえそうなお茶ばかりなので、どのお茶にするか迷ってしまいますね。

また、このお茶愛溢れるご主人のお店で、茶葉を買いたいなと思います。

お店の詳細

京阪石山坂本線の島ノ関駅からは、琵琶湖を背にして駅の目の前の踏切沿いの道を歩き、3つ目の信号(NHK大津放送局が目印)を右に曲がって、まっすぐ進んだ右手の場所にあります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる